カンボジアの最新ニュースを毎日更新
ラスメイカンプチア新聞・日本語版

カンボジアニュース    カンボジアビジネスガイド     カンボジア観光ガイド      カンボジア六法全書      カンボジア官公庁リスト

 
カンボジアウォッチ > ラスメイカンプチア新聞日本語版

不良少年が交通事故を起こし乱射して3人死亡4人負傷 2003年10月30日


【広告】

日本語版「レスマイカンボジア」メール配信サービス/当サイトに毎日の記事を提供しているCIS inc.の翻訳新聞配信サービス。毎日10件前後のカンボジアローカル記事を翻訳し電子メールで配信(有料)。各種お申し込み形態あり。サンプル版はこちらをクリック。過去記事のクリッピングサービス等も承ります。
クメール語・日本語翻訳・通訳サービス/会議通訳、視察通訳、公式文書翻訳など、クメール語・日本語の各種通訳・翻訳のご依頼をプロの日本人通訳・翻訳者が承ります。

【広告】
コンピュータのことなら
−萬吉プノンペン
・パーソナル トラブル シューティング & メンテナンス
・オンデマンドサービス & 販売
・ネットワーク データベース プログラミング

日本の技術を妥当な価格で
pnh@mankichi.net 
 012-758-634
 

不良少年が交通事故を起こし乱射して3人死亡4人負傷 2003年10月30日

若者グループが交通事故を起こし、怒って銃を乱射して近くにいた市民が巻き添えになり、3名が死亡4名が負傷するという事件が起きた。このような驚くべき事件が起きたにも関わらず、警察やMPは犯人を逮捕出来なかった。この事件は10月27日午後11時頃、チャムカーモン区トゥールスヴァーイプレイ2地区シアヌーク通りで発生した。 市民らは、「警察官もMPもこの不良少年の事を恐れていた。だから彼らに好き勝手な事をさせてしまったのだ」と話している。不良少年達がいなくなった後で、警察官やMPが到着した。 目撃者によると、事の始まりは交通事故であった。1台の車が猛スピードで走行し、ヤシの実を降ろすために停車中だった車に衝突した。野次馬が集まる中、続いて3台の車がやってきて、その中にいた人物がAK47で威嚇射撃をし、事故を起した仲間を救い出そうとした。目撃者の話では、この事態は30分間ほど続いていたが、その間警察官やMPの出動はなかったという。 この発砲事件で7名が死傷した。被害者はプレァコソマ病院とカルメット病院に運ばれた。 この事件で交通事故の被害を受けたのはタカェゥ(タケオ)州トラムコック郡出身のロン・ライさん(20)とロン・マゥさん(19)で、ロン・マゥさんは足を負傷しプレァコソマ病院で亡くなった。 周りにいた人の中で被害を受けたのは、エーン・ヌムヴォッターさん(23)近隣住民・お腹を打たれて負傷、オック・ウッサーさん(24)・手を負傷、オー・シターさん(40)食べ物売り・カルメット病院で死亡、ポル・ヴォンニーさん(18・女)食べ物売り・胸に銃弾を受けてカルメット病院で死亡、リー・モニロァットさん(45)会社員・軽傷であった。 目撃者によると、犯人グループは4台の車に乗って、シアヌーク通りを東から西へ猛スピードで走行していた。事件現場に差し掛かった時、1台の車が停車中のヤシを降ろしている車に衝突した。この衝突事故によってヤシ運搬をしていた1人が死亡、1人が負傷したのであった。 自分の仲間の車が事故を起こしているのを見て、他の3台はその車を引っ張り出そうと試みた。だが通行者や近隣住民などの多くの野次馬が集まってきたためうまくいかず、これに腹を立てた若者が車からAKを取り出して空へ向けて威嚇射撃をし、その後回りの人々に向けて発砲したのである。そして事故を起こした仲間を車に乗せて逃走した。その際にも人々に向けて発砲していたという。 目撃者によると、人々が騒然としている中、若者グループは車で逃走した。この際事故を起こした車は放置していったが、証拠を隠すためにナンバープレートを取り外して行ったという。 いずれにしても警察は10月28日にチュークテップホテル経営者の息子とチュバーオンパゥの貴金属商の息子であるソヴァンナーとチョムラゥンという2人の若者を逮捕した。この2人のうち1人は車を運転しており、もう1人は車に同乗していた。 警察ではこの2人から銃を発砲した実行犯を聞き出そうと試みている。



LOCOMO=Cambodia Watch

ご意見、ご要望は、info@locomo.orgまでお願いします。
掲載記事・写真の無断転載を禁じます。著作権について
著作権はラスメイカンプチア及びロコモ社に帰属します。