カンボジアの最新ニュースを毎日更新
ラスメイカンプチア新聞・日本語版

カンボジアニュース    カンボジアビジネスガイド     カンボジア観光ガイド      カンボジア六法全書      カンボジア官公庁リスト

 
カンボジアウォッチ > ラスメイカンプチア新聞日本語版

首相:野党党首の安全確保のために戦車をあげる事を了承 2004年1月28日


【広告】

日本語版「レスマイカンボジア」メール配信サービス/当サイトに毎日の記事を提供しているCIS inc.の翻訳新聞配信サービス。毎日10件前後のカンボジアローカル記事を翻訳し電子メールで配信(有料)。各種申込形態あり。サンプル版はこちら。過去記事のクリッピングサービス等も承ります。
クメール語・日本語翻訳・通訳サービス/会議通訳、視察通訳、公式文書翻訳など、クメール語・日本語の各種通訳・翻訳のご依頼をプロの日本人通訳・翻訳者が承ります。

【広告】
日本米(ベトナム産)の販売を始めました

コシヒカリ5Kg=7$
あきたこまち5Kg=6.4$

LOCOMO SHOP
No.375,Sihanouk Blvd.
(Cafe Trung Nguyenの隣)
 

首相:野党党首の安全確保のために戦車をあげる事を了承 2004年1月28日

フン・セン首相は、1月27日に自分の身が狙われていると発表したソム・リャンシー氏、ノロドム・セリヴォッド殿下を初めとする5人の野党系幹部の安全確保のために、戦車を5台出動させると約束した。キゥ・カニャリット情報次官が27日に伝えたところによると、フン・セン首相はこの5人が乗って外出するために5台の戦車を出動させると述べたという。同氏は「護衛をつけようとしたが、彼らには既に護衛がいるので、これは受け入れられなかった。よってフン・セン首相は戦車と操縦士をつけるといったのである。我々は既に5台の戦車を用意している。いつ取りに来てもよい。しかしこの戦車には大砲は入っていない」と述べた。いずれにしても同氏は、ソム・リャンシー氏らが自分の身の危険を心配するのは、フン・セン首相を陥れるための新しい戦略であるとした。すなわち、自分達が恐れているのは、政治家の身を守れない首相の能力不足であるとしたいのである。ソム・リャンシー氏は27日、党本部にて記者団に対し、フン・セン首相が自分及びノロドム・セリヴォッド殿下、エン・チャイアン氏、クム・ソッカー氏、ロン・チョン氏の命を狙っていると発表した。ソム・リャンシー氏はこの事実をチァ・ヴィッチァ氏殺害事件の後にある人物から忠告されたという。だがその証拠は何もない。一方、ラナリット殿下の帰国問題についてソム・リャンシー氏は、「殿下は28日にフランスを発ち、29日にバンコクに入る。そして30日にカンボジアに向かう予定である」と述べた。



Cambodia Watch=LOCOMO

ご意見、ご要望は、info@locomo.orgまでお願いします。
掲載記事・写真の無断転載を禁じます。著作権について
著作権はラスメイカンプチア及びロコモ社に帰属します。